« 観賞魚フェア(H20春) Ⅱ | トップページ | H20年 堀口養魚場 春の即売会 Ⅱ »

金魚の本 Ⅷ

Cimg0383Cimg0365Cimg0367Cimg9800Cimg9804Cimg9803

                             << 金魚の本 Ⅷ >>      

******************************************

中国四川省で発生した大地震は、被災者1000万人

、死者1万人以上、まだ、行き埋め含む不明者が2万

6000人います。発生から72時間を越えると生き埋

になった人は脱水症を起こし精神的ストレスで生存

が一気に低下するとの事で恐ろしい話です。

一刻も早く救出作業を行って一人でも多くの人を救い

出して貰いたいものです。日本からも救援隊が受け入

れられ救助隊と救助犬も救出活動に向かっています。

まだ大型重機が不足してがれきの下の救出が出来て

ないのが現実です。水や食料の争奪パニックが起きな

いよう被災者に救援物資が行き届く事を祈念します。

さて、本の整理をしていたら”カラーガイドブック金魚

という本が出てきました。昭和38年初版、昭和62年重版

とあり、保育社が発行元です、いやはや懐かしい本です。

この本、確か子供のころなけなしのお金で買った記憶が

あります。著者は、金魚界では有名な故松井佳一氏で、

今読んでも全く古さを感じさせません。琉金の写真も一部

白黒ですが、琉金の尾びれの綺麗さ素晴らしさを子供心

に感じていたかも知れません。また、ランチュウも白黒で

すが、日の丸ランチュウが写っていますが最近この様な

魚は見かけられなくなりました。東錦やオランダ獅子頭も

紹介されてますが、現在でも通用する様な魚です。book

もし興味がある方は、書店に有れば是非ご一読を。happy01

本と一緒に写っている犬は家で飼っていますトイプードル

で名前は”ことり”です、生まれた時、小鳥の様に小さく白

かった為、つけた名前です。犬には迷惑かも知れません。

水換え時、家の琉金をインターネットのオークション風に写してみ

ました、とても気に入ってる魚です。coldsweats01 pisces

今の時期、水温の変化が大きく魚の負担が高くなるので

白点病などの病気を出さない様、水の管理も含め気を付

ましょう。typhoon

また気ままに搭載します。    

******************************************

danger当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

|
|

« 観賞魚フェア(H20春) Ⅱ | トップページ | H20年 堀口養魚場 春の即売会 Ⅱ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166664/20970108

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚の本 Ⅷ:

« 観賞魚フェア(H20春) Ⅱ | トップページ | H20年 堀口養魚場 春の即売会 Ⅱ »