魚病薬の怖い話Ⅱ

Cimg8703_2Cimg8621_2Cimg8631a   

                  <<魚病薬の怖い話>>  

**********************************

12月も7日の大雪を過ぎ、名の通り雪の便り

が聞こえる季節となりました。遠い昔、上野駅

に行くと列車の屋根に北国から運ばれて来て

積もった雪を見て、何とも冬の季節感を感じた

ものです。師走の声を聞き、毎日 なかなか慌

しい時期です。

またまた、中国江蘇省昆山産から台湾に輸入

された上海カニから使用禁止されたガン誘発

質であるニトロフラゾン代謝物が検出された

ニュースがありました。

ニトロフラゾンとフラゾリドンは発ガン性の疑い

が強く同じニトロフラン系の合成抗菌剤である

ニトロフラトイン、フラルタドンと供に食品にお

いて不検出とされる農薬等に指定されている。

初めからちょっと難かしい話となりましたが、

このニトロフラゾンって、観賞魚薬品でよく耳

にする名前です。魚の細菌性感染症や外傷

に効果があり、魚病治療薬として数種類 今

でも販売されており、最近 私も 魚が白点病

でどうしようもなく一時使用しました。

日本国内では、観賞魚のみ使用され、あとは一

禁止です。然しながら、日本で養殖には使用

禁止の薬が、中国や台湾では大々的に養殖で

使用されていると聞きます。問題は、日本人が

食する魚には使用禁止でも、中国や台湾や東

南アジアではいいのか?、最終的には日本に

輸入され日本人の口に入る事になるのに。

7月に食用ウナギ から発ガン性の薬品が検

出され、マラカイトグリーンの話しをしましたが、

ニトロフラゾンも抗菌剤として中国や台湾の

ウナギ養殖で使用されていたと聞いてます。

なんと、日本のウナギの3匹のうち2匹は、

国産と台湾産です、怖い話です。

どうしても狭い場所に多数の魚を押込め養殖

するのは難しい技術で、より安全な新技術の

開発・導入が必要です。また、食用の魚類に

関しても その国の生産者、輸出業者はともか

く、輸入業者や販売者が食の安全を遵守して

貰いたいと思います(ただ生産性向上や効率

優先に進まず、自分達が自信を持って安全

供出来る食品を販売すべきです)。

特に、中国では食の安全を脅かす問題が相

次いで発生しており、食だけでなく水の問題も

起こっている様です。長江の水質汚染は極端

で、下流の上海で飲用基準を満たす地表水

はわずか1%に過ぎない状況との事。

魚を養殖したりする際、汚染された水をふんだ

んに使用されてる事を考えると悪寒が走る思

です。 何を言いたいか。

前回も話しましたが、私は金魚を食べませんし、

動物用医薬品とし認可された魚病薬を否定し

てるわけでも有りません。人に影響する物質を

魚に使用していい筈がないと思うので、魚病

治療時は、即効性が有り副作用の可能性のあ

特効薬より、副作用が極力少なく即効性は

余り高くないメチレンブル-等を適量より

少なめに温度調整と併せて時間を掛けて使用

する様にしてます。

写真左・真中は、家で本水槽に入る準備で、もう

1ヶ月以上トリートメント中の琉金です

写真右は、車のアクセント(琉金シール)です。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

魚病薬の怖い話

Img_3290zImg_3289zCimg0318_1 

  

      <<魚病薬の怖い話>>  

梅雨明け宣言がなかなか出されませんが、

7月も残すところ数日となりました。

最近、中国産の食用ウナギ から発ガン性の

薬品が検出された話題が浮上してます。

厚生労働省のH17年8月輸入モニタリング検査

にて中国産養殖鰻加工品より検出、今年7月

13日にも中国で加工されたウナギのかば焼

きからも食品衛生法が禁じる合成抗菌剤の

使用が判明。 それは何か?!

マラカイトグリーン”(シュウ酸塩)という物で、

緑色の合成色素として染料に使用の他に、

魚の合成抗菌剤として白点病、尾腐れ病、

水カビ病治療などに使用されますが、日本

国内では養殖魚への使用は認められてない

急性毒性物質です。中国では、うなぎ等の

蜜飼い養殖で病気予防で使用されていた

(今は使用禁止)。

例えば、水カビ病では、水カビ内で酵素に

より還元されロイコマラカイトグリーンにな

る時、活性酸素を発生させ水カビを内部か

ら破壊する効力があります。

然しながら、糸状菌の核酸塩基と親和性を

持つことから、DNAやDNAの生合成を阻止し

発ガン性が予想されるとの事。

要するにマラカイトグリーンには発ガン性に

起因するベンゼン核があり食用の魚に大量

に使用すると魚の内臓等に蓄積され、人が

その魚を継続的に食べ体内に摂取した場合

何らかの影響が出ると想定される為、安全面

から監督官庁は薬事法に基ずき養殖水産動

物への使用禁止の通達を出している。

食用とされない観賞魚においては、農水省が

安全基準を設け、基準に合格したものを動物

用医薬品として使用承認されてる様です。

何が言いたいか

私は金魚を食べませんし、動物用医薬品とし

認可された魚病薬を否定してるわけでも有

りません。人間に影響がある物質を魚に使用

していい筈がないと思うので、魚病(白点病/

尾腐れ病/水カビ病等)の治療時は、即効性が

有り副作用の可能性のある特効薬(実は適用

量が難しいです)より、即効性は低いが副作用が

少ないメチレンブル-を 適量より少なめに

使用する様にしてます。

写真左・真中は、家で飼育中の琉金です。

写真右は、江戸川金魚まつりでパチリ!。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|