観賞魚の雑誌 Ⅱ

Cimg1540Cimg1543Cimg1547

                             << 観賞魚の雑誌 Ⅱ>>   

******************************************

今日は、うっとおしいくらいの雨でした。

暑さ寒さも彼岸まで』と言われる様に、もう秋の

お彼岸となりました。

流石に暑さも何とか納まり、これからは実りの秋、

食欲の秋、読書の秋、運動会の秋、品評会の秋、

旅行の秋、ほしのあき(いや失礼)等 色々と季

節感が味わえる時期となりました。

******************************************

9月21日(日)は以下イベントが開催されました

・静岡県金魚品評大会 (静岡県浜松市フラワーパーク)

・第20回 素人金魚名人戦 (神奈川県・油壺マリンパーク)

私は生憎 仕事で行けませんのでレポート出来ませんweep

行かれた方は如何でしたでしょうか。

******************************************

大阪のコメ加工販売会社が農薬や安全基準を

越すメタミドホスが検出されたコメを本来 工業

用でしか使用できないものを食用に転売し利ざ

やを稼いでいた問題で 世の中騒がれています。

農水省は三笠フーズを10回近く検査してるが事

前に検査日時を通告し不正を隠蔽(インペイ)して

おり、やっと農水省も首相官邸から命じられ、

販売リストを公表した。事故米流通先として徹底

調査もされてない中途半端で実名を公表された

まっとうな業者は風評被害でいい迷惑です。

農水省の事務官や大臣が責任を取って辞職し

たが全く利不順である。辞任するのは勝手だが

その前にやる事あるだろう!。コメの流通経路の

明確化、輸入米の管理、事故米の全容解明、再

発防止策の策定 等 素人が列記してもこれだけ

あるのだから。仕組みを改善する等やる事やっ

てから辞任してほしい。全く国民をなめてる。

辞任表明は、政治家や官僚向けであって、国民

に向けて話してない。これが日本の現状である。

きちんと仕事しない官僚、政治家、官庁関係者は

税金の無駄ずかいなので即刻お辞め下さい。

これが日本の為になる事 なのですから。。。

******************************************

先日、新宿に行った時、新宿三越内ジュンク堂で

<楽しい熱帯魚9月号>という月間雑誌を見つけ

購入しました。(写真左・中・右

今回9月号は、ビギナーのための「金魚ABC

講座」と題してPart:1では、写真で金魚種類

の紹介で、比較的新しい品種の魚も記載され

ております。写真も綺麗です。

Part:2では、金魚の祖先、体系による金魚の

分類、金魚飼育のポイントが図入り説明で記

されております。子供が読んでも判る様にポイン

トが簡潔に書かれているので、きっと良く判って

る人が書いたんでしょう。

<楽しい熱帯魚>は、飼育一般で興味があり、

飼育の参考になるのでよく購入してます。

金魚を取り上げたページが少ないので特集な

ど記載されてる時は購入しています。

もっと金魚の内容を記載して欲しいところです

(そしたら毎回購入です)。

******************************************Cimg1749Cimg1764Cimg1768

                        弥富金魚漁協さんより第15回金魚日本一大会

大会ポスター実施要領出品予約申込書

が届きましたので写真を記載します。

10月26日(日) 海南こどもの国 開催されます。

昨年は体調不良で行けなかったので、今年は

是非行く予定です。勿論、夜行バスで。。。

******************************************

(写真下)は、私の飼育してた更紗琉金です

Cimg9806Cimg9815Cimg9816

                              また気ままに搭載します。 

******************************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅷ

Cimg0383Cimg0365Cimg0367Cimg9800Cimg9804Cimg9803

                             << 金魚の本 Ⅷ >>      

******************************************

中国四川省で発生した大地震は、被災者1000万人

、死者1万人以上、まだ、行き埋め含む不明者が2万

6000人います。発生から72時間を越えると生き埋

になった人は脱水症を起こし精神的ストレスで生存

が一気に低下するとの事で恐ろしい話です。

一刻も早く救出作業を行って一人でも多くの人を救い

出して貰いたいものです。日本からも救援隊が受け入

れられ救助隊と救助犬も救出活動に向かっています。

まだ大型重機が不足してがれきの下の救出が出来て

ないのが現実です。水や食料の争奪パニックが起きな

いよう被災者に救援物資が行き届く事を祈念します。

さて、本の整理をしていたら”カラーガイドブック金魚

という本が出てきました。昭和38年初版、昭和62年重版

とあり、保育社が発行元です、いやはや懐かしい本です。

この本、確か子供のころなけなしのお金で買った記憶が

あります。著者は、金魚界では有名な故松井佳一氏で、

今読んでも全く古さを感じさせません。琉金の写真も一部

白黒ですが、琉金の尾びれの綺麗さ素晴らしさを子供心

に感じていたかも知れません。また、ランチュウも白黒で

すが、日の丸ランチュウが写っていますが最近この様な

魚は見かけられなくなりました。東錦やオランダ獅子頭も

紹介されてますが、現在でも通用する様な魚です。book

もし興味がある方は、書店に有れば是非ご一読を。happy01

本と一緒に写っている犬は家で飼っていますトイプードル

で名前は”ことり”です、生まれた時、小鳥の様に小さく白

かった為、つけた名前です。犬には迷惑かも知れません。

水換え時、家の琉金をインターネットのオークション風に写してみ

ました、とても気に入ってる魚です。coldsweats01 pisces

今の時期、水温の変化が大きく魚の負担が高くなるので

白点病などの病気を出さない様、水の管理も含め気を付

ましょう。typhoon

また気ままに搭載します。    

******************************************

danger当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅶ

Cimg9080_2Cimg9083Cimg9082

                                          

             << 金魚の本 Ⅶ >>      

******************************************

039047058

                                               

                                

                                     

                                    3月5日は啓蟄(けいちつ)でした、春分までの時期

をいう様で、冬の間地中にいた虫が大地が暖まって、

這い出てくる頃を言うそうで、はもう直ぐそこです。

伊豆の河津桜は満開で、水戸のも見ごろです。

最近、たまたまラジオで春を告げる言葉(和名)が

色々ある事を聴きました。

春告草(はるつげぐさ)は、 のこと。

春告魚は、にしん(鯡) (漢字のは、サワラ)。

春告鳥は、ウグイス(鶯)。

春告蝶は、モンシロチョウ 等。

夢見草は、

また、春告獣を北国の方では、クマ呼ぼうという

も聞きました。何とも春を告げる和名の表現は味

わいがものです。

桃花水(とうかすい)は、春間近かの雪溶け水

事だそうです。私は今まで飲み物の桃の天然水

かと思ってましたョ。

以前、千葉県浦安市にある【浦安観賞魚】へ行

た時、フィッシュマガジン2007年4月号を購入

した。この本は昔からよく購入してますが、

買い漏れてた本です。

昔は、金魚の内容を記載した頁が1~2ページ

しか有りませんでしたがそれでも購入してました、

最近は金魚の特集等で金魚の記載が多くなり嬉

しい限りです。

特に目に留まった記事は、”金魚の故郷を訪ねる

で、やまと錦金園と金魚資料館、埼玉県 木村養魚

、愛知県弥富 八木養魚場東京江戸川 堀口養

魚場が紹介されていました。

いずれも素晴らしい金魚を生産されてる養魚場な

で、今後も良い魚を供給して頂きたいものです。

もし興味がある方は、是非ご一読を。

また気ままに搭載します。    

******************************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅵ

Cimg9103Cimg9106Cimg9104Cimg9100Cimg9102316

                                              << 金魚の本 Ⅵ >>      

******************************************

立春を過ぎても、まだまだ寒さが厳しく春が待ちど

うしいくらいです。皆さん如何お過ごしでしょうか。

先日、大成企画さんへ金魚道の1年間の購読料

を直接払いに行き、大野さんから金魚グッズの

お店を案内して頂きました。

【金魚・銀魚・鉄魚】と言う本を見つけて即購入し

ましたので紹介します(写真上左・中・右

この本は、島根県の天然記念物である”出雲なん

きん”がメインで歴史・飼い方・品評会等が紹介さ

れています。また、金魚一般の歴史・系統図、金魚

の飼い方、各種金魚の写真入り紹介 等が記載され

ております。

私が目に留まった内容は、金魚の生産地のページ

です、日本の3大生産地(東京・大和郡山・弥富)と

埼玉、長洲、中国や台湾の生産地が紹介されてお

ります。特に東京江戸川は、生産者が3軒(橘川、

佐々木、堀口)の養魚場のみとなり現状を支えてい

る状況なのでこれからも頑張って欲しいものです。

きにはとても参考になる本だと思ました。

もし興味があり購入される方は、一般の本屋さん

には置いてないので、以下参照(問合せ)てみては

如何でしょうか、定価は1800円でした。是非ご一読を。

大成企画    〒132-0025
東京都江戸川区松江3-15-7
TEL:03-5678-6780
E-mail 
n-oono@sage.ocn.ne.jp

写真のカレンダーは、中国の観賞魚養殖業者である

【東海】(トンフォイ)で、デザインが珍しいので載せて

みました。(写真下左・中)

また気ままに搭載します。 

******************************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅴ

PhotoCimg0913Cimg9627Cimg0662Cimg0663Cimg7415a

                     <<ご挨拶 と 金魚の本>>  

もう10月(神無月)、今年もあと3ヶ月、

一年のレビューと来年の予定で神様も忙し

い月です。ここ数日、涼しいより寒いという

気候となりました、衣替えの時期です。

”金魚ワールドへようこそ!

少しでも癒して頂けたら幸いです。”

を趣旨とし、当ブログが、昨年10月末より

公開スタートし、11ヶ月が過ぎ、累計アク

セス数も30000を超えました。

いつも、皆様、当ブログをアクセス頂き誠に

有難うございます、今後も種々の金魚の記

事や皆様にとって有益情報を記載できれ

と思ってます

**********************************

さて、私が子供の頃から大切にしている本が

あります、金魚大鑑 という昭和47年に緑書房

から出版された本です(写真上中)

中でも、堀口養魚場の更紗琉金が記載されて

おり、今見ても新鮮で中合えない貴重な

魚です(写真上右)。今後もクオリティの高い

金魚が出て来る事を期待しております。

先日、江戸東京博物館に行った時、後藤新平

展が開催されてました。展示物で目に留まっ

ものは、”自治三訣(写真下中)という後藤新

の自筆です、『人のお世話にならぬよう、

にお世話をするよう、そして酬いを求めぬよう』

、いい言です。この後藤新平という人は、明治

後期に代の鉄道院総裁になり、その後 東京市

長となり、東京の近代化のため8億円もの計画

(当時、国家予算は15億円)をたて、市長を辞め

間もなく関東大震災が発生したが市長時代の8億

円計画が役立ち社会に貢献し、先を見通した政治

であったと言われております。

今でも通用する教えであると思います。特に

政に携わる方にも参考にして貰い、より社会に

貢献して欲しいものです。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅳ

Cimg0809Cimg0812Img_3303

                           

                       << 金魚の本 Ⅳ>>   

台風一過の青空が広がり、また暑さが厳くなる

様です。しかし暦では白露(大気が冷えるように

なって露が出来始める頃)を過ぎました、もう秋

入ります。 「女心と秋の空」(イヤ、失礼!)と

われる様に、秋の空は移り変わりやすく、傘を

持ち歩く機会が増える季節です。September

Rain(9月の雨)なんて歌がずっと昔流行った

時期がありました(あっ!歳がバレル)秋の

訪れと寂しさを感じる様で、なかなか今聞い

もいい歌です。

先日、仕事の帰り際 たまたま書店に寄った

ところ、<フィッシュマガジン9月号>が有った

ので、立ち読み(本屋さんスイマセン)してた

ら、月間フィッシュマガジン2007年9月号別冊

で<金魚ことはじめ>という本の紹介記事が

ありました、書店の方にこの本が今あるか確

認しましたが無かった為、インターネットから

検索して、Webから購入申込みして代金引換

えで購入しました。

この本、らんちゅう、琉金、土佐錦、出目金など

すべての金魚の種類を網羅してあり、金魚の写

真がとても綺麗に紹介されております。

金魚の歴史や飼育方法、飼う楽しみ、グッズ等

誰でも解りやすく金魚のガイドブックとして記載

されてます。(写真左・中) 保存版です。

もし興味があり購入される方は以下参照

してみて下さい、定価は1200円+送付料です。

出版社は、緑書房(以下URL)です。

http://www.pet-honpo.com/books/fish/tropical/07842-9.html

LOVE FISHフェアで購入した金魚を2週間

別水槽でトリートメント後、本水槽へ移しました

(写真右)。写真の左の魚が新入り琉金です。

もう我が物顔で泳いでいます。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新観賞魚春秋

Cimg0614Cimg0617Cimg0597

                   << 新観賞魚春秋>>   

立秋を過ぎ、もうじき処暑。8/23頃に暑さ

峠を越えて後退し始めるころを言うが、まだ

まだ酷暑状態です。然しながら、スーパには

梨やぶどう等 秋の気配を思わせる果物が

出てきてます。

今日、東京・葛飾区金魚の吉田”と

いう金魚屋さんに またまた行ってきました。

この酷暑の中、車で行ったのですが、途中、

車のエアコンをつけるとエンストしそうになっ

たのでエアコンつけず窓を空けノロノロ渋滞

運転。殆ど車内は蒸し風呂状態、隣で走って

いたタクシーが今時エアコン無しの車がある

かの様に物珍しく見ていました。

さて今回の目的は、金魚屋さん”金魚の吉田

で販売されている 新観賞魚春秋 という観賞

の本を購入するためです。

この本の著者である吉田信行氏(金魚の吉田

会長)は、観賞魚業界のリーダー的存在の方

であり業者の目、飼育者の目の両方を兼ね備

えられたスペシャリストです。一度お店でたまた

まお会いしたのですが、とてもよい方です。

本の内容ですが、大変充実しており、写真も多

めで魚病の対応等も解りやすく記載てます。

私が特に気に入った記載は、”やさしい観賞魚

の飼育と管理 Q&A”で、誰がみても判り易く

説明されております。子供がみてももわかり易く

生き物の飼育を通じて飼楽しさが感じられる

です。とてもよく纏まった本であり、私は保存版

にします。

以下 本の参照WEBです ↓ ↓ ↓

http://www.kingyo-yoshida.com/afbf/

金魚も見てきたのですが、動画も含め別途

紹介予定です。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金魚の本 Ⅲ

Cimg9724aCimg9725331Cimg9922Cimg9920a

                             

               << 観賞魚の雑誌>>   

8月に入り毎日暑い日が続いております、8/8

は暦の上ではもう立秋ですが、この蒸し暑さは

分続きそうです。皆さん熱中症に気をつけて

水分補給はこまめに行いましょう。

先日、素人金魚名人戦で入賞時に頂きました

金魚》という本を紹介します。この本は、東京

海洋大学副学長 岡本信明 先生が書かれたも

ので小学校低学年向きですが、大変解り易く、

写真がとても綺麗です。何にでも言える事です

が、子供に端的にわかり易く説明出来ると言う

ことはよく解ってる証だと思ってます。

是非ご一読を!。(写真上左・中)

最近、探したい本があり、図書館に行きました、

ついでに、金魚の本を探しましたが思った程に

この類の本が少ないのでびっくり。とりあえず

2冊借りました。

・金魚と日本人(写真下中)

・金魚図鑑(写真下右)

なんと 借りた本 金魚図鑑 は以前購入し

て同じものが家にあった。ガクッ!

(写真上右)は、以前、観賞魚フェアにて

堀口養魚場が販売していた琉金です。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

江戸川区の紹介雑誌

Cimg0213Cimg0209a329

         

        

                                   << 江戸川区ウオーカ雑誌>>   

台風4号が過ぎてまだ梅雨明けしてないのに

フェーン現象で夏のような暑さになりそうです。

台風で被災された方のお見舞いと一日も早い

復旧をお祈り致します。

先日、家電量販店に寄った帰りに、たまたま

書店に寄ったところ、<江戸川区Walker>と

いう地域紹介雑誌を見つけ購入しました。

以前購入した江東区Walkerと同様に地域

の魅力を紹介した雑誌です。(写真左・中

なぜ購入したかという、紹介のベスト100の

中のBest35に、堀口養魚場の記事が載っ

いたからで、江戸川区は金魚の産地として

かつ金魚のクオリティの高さで有名です。

堀口養魚場のご主人・堀口さんの写真が載っ

ており、吹き出しで”金魚は奥深い”と言わ

れてます。江戸川区の特産品は、「江戸風鈴」

「つりしのぶ」「朝顔」や「小松菜」など有名です。

最近、特に東京でも江東区や江戸川区は、

当に様変わりしていますので読むと知らな

が一杯ありとても参考になり情報吸収できます。

これからも、江戸川区の特産である金魚養

の火を消さない様頑張って欲しいものです。

来週(7/21、7/22)は、待ちに待った江戸川区

のイベントである江戸川区金魚まつりが開催

されますのでご期待を!!。以下URLです。

http://www.ei-net.city.edogawa.tokyo.jp/event/event3.html

当ブログの”イベント情報”も更新してますので

是非ご参照願います!!。

(写真右)は、ちと写真が大きいですが、堀口養

魚場で販売されてい琉金たちです。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

観賞魚の雑誌

Cimg9915aCimg9918A005d

 

 

   

                                                    << 観賞魚の雑誌>>   

どうも梅雨明け宣言は一週間近く早かった

様で、まだ梅雨の様相では有りません。

先日、買い物に行き、たまたま書店に寄った

ところ、<楽しい熱帯魚>という月間雑誌を見

つけ購入しました。(写真左・中

今回7月号は、「金魚」の優美な魅力 ”観賞

と飼育の仕方”と題して金魚写真や記事が

ジに渡り記載ております。インテ

性のある飼育容器の紹介もありました。

<楽しい熱帯魚>は、飼育一般で興味があり、

飼育の参考になるのでよく購入してます。

この月刊雑誌に限らず 観賞魚関連の雑誌は、

よく書店で興味があり立ち読み(失礼!)する

のですが、金魚を取り上げたページがあまり無

い様に思います

もっと金魚の内容を記載して欲しいところです

(そしたら毎回購入です)。

(写真右)は、以前、観賞魚フェアにて堀口養

魚場が販売していた琉金です。

また気ままに搭載します。 

**********************************

当ブログの画像等の無断使用・転載を禁止します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧